経営陣・従業員による当社の企業買収(MEBO)について

平成18年12月15日
太洋電機産業株式会社

経営陣・従業員による当社の企業買収(MEBO)について

  1.  当社は、昭和29年に創立以来、印刷用自動見当合わせ装置及び機器制御装置の製造・販売において、技術の優秀性、製品の信頼性を評価され、長年皆様よりご愛顧頂いております。
     印刷機器事業では、昭和33年に国内で初のグラビア印刷機用自動見当合わせ装置を発売以来、印刷機械用自動制御装置の分野で常に国内トップメーカーの位置を確保し、海外展開も図って参りました。また、制御設備事業でも、空調等の制御盤を製造し、NTTを始めとする幅広い顧客と長年取引を重ねてきました。
  2.  今般、当社は、経営陣及び従業員が中心となり設立される新会社に企業買収(MEBO)により事業を承継させることとなりました。株主構成を、現在の野村プリンシパル・ファイナンス株式会社から、経営陣及び従業員を中心としたものへと再構成することにより安定化させることを目指しております。今後、経営陣及び従業員がより強い意欲をもって事業に臨むことで更なる企業価値の向上を目指します。
  3.  平成19年2月より新・太洋電機産業株式会社がスタートする予定です。一部経営体制の変更等はありますが、現在の事業の継続はもちろん、技術・製品の開発や市場の開拓等を更に進めて参る所存です。
  4.  なお、本件MEBOにあたっては、取引金融機関である常陽銀行及び日本政策投資銀行より、スキームの構築、既存株主との条件交渉、新会社設立のサポート等の支援を頂きました。

※MEBO(Management Employee Buy-Out):経営陣と従業員が共同で所属する企業や事業部門を買収して独立すること。M&Aの手法の一つ。

(参考)

《当社概要》
○太洋電機産業(株)
 [本 社]東京都荒川区
 [代表者]村田隼人
 [従業員]79名

《新会社概要》
○太洋電機産業継承準備会社1号(株)(譲渡完了後に太洋電機産業(株)に社名変更予定)
 [本 社]東京都荒川区
 [代表者]村田隼人