沿革

昭和29年11月 東京都品川区西大崎に資本金500万円で電気機械器具製造業として太洋電機産業(株)設立
昭和32年4月 東京都荒川区西尾久に資本金100万円で各種電動機製造業として三央電機(株)設立
昭和32年9年 太洋電機産業(株)、日本電気精器(株)の系列に入る
昭和34年1月 太洋電機産業(株)、業務・施設一切を東京都板橋区志村中台町に移転
昭和34年11月 三央電機(株)、資本金を300万円に増資
昭和35年10月 三央電機(株)、資本金を500万円に増資
昭和35年11月 太洋電機産業(株)、資本金を1,000万円に増資
昭和36年9月 三央電機(株)、資本金を1,000万円に増資
昭和39年4月 太洋電機産業(株)、業務・施設一切を東京都台東区浅草清川町に移転
昭和42年10月 太洋電機産業(株)、業務・施設一切を東京都墨田区堤通の日本電気精器(株)向島事業所構内に移転
昭和43年10月 三央電機(株)、日本電気精器(株)の系列に入る
昭和45年7月 太洋電機産業(株)、大阪営業所を開設
昭和46年4月 太洋電機産業(株)、仙台出張所を開設
昭和47年10月 太洋電機産業(株)と三央電機(株)が対等合併し、資本金2,000万円、商号を太洋電機産業(株)とする
昭和48年12月 資本金を4,000万円に増資
昭和53年3月 尾久回転機工場を閉鎖
昭和54年5月 日比谷通商(株)資本参加
昭和58年6月 資本金を5,000万円に増資
昭和60年3月 筑波南第1工業団地内に11,985.61m2(約3,626坪)の工場用地を取得
昭和61年7月 筑波工場の建設を開始
昭和62年2月 筑波工場完成
昭和62年4月 本社・工場を筑波工場に移転
昭和62年10月 資本金を10,250万円に増資
平成元年1月 東京営業所を日暮里に開設
平成8年10月 本社を東京(日暮里)に移転
平成11年6月 太洋電機産業(株)、日本電気(株)の系列に入る
平成11年11月 筑波工場 ISO 9001 認証取得
平成14年4月 デンセイ・ラムダ(株)よりNTT制御盤事業を譲受する
平成14年10月 営業本部 ISO 9001 認証取得
平成16年2月 太洋電機産業(株)、野村證券グループの系列に入る
平成18年11月 本社 ISO 9001 認証取得
本社、筑波工場、大阪営業所 ISO 14001 認証取得
平成19年2月 MEBOにより親会社である野村プリンシパル・ファイナンス(株)より全株式を取得し資本金を8,500万円とする
平成23年11月 大阪営業所 ISO 9001 認証取得